規則正しい食生活と睡眠が鍵!毛を育てるためのおすすめ生活スタイル

規則正しい食生活と睡眠が鍵!毛を育てるためのおすすめ生活スタイル

規則正しい食生活と睡眠は薄毛改善の基本中の基本

AGAや薄毛の症状は、近年ではクリニックに足を運んで本格的な治療に取り組むことでほぼ確実に改善を行うことができるようになってきました。
しかし、AGAや薄毛の改善はあくまでも規則正しい食生活と、睡眠が基本中の基本。抜け毛の原因や薄毛のメカニズムから見ても、食生活と睡眠をきちんと整えることは非常に重要なファクターとなります。
では、具体的にはどのような食生活、睡眠を理想とすれば良いのか?毛を育てるために重要な栄養素や睡眠についてご紹介します。

髪にかぎらず健康的な毎日を送るために非常に重要な食事。特に育毛のシーンでは、「タンパク質」をはじめ、「ビタミン」「亜鉛」が非常に重要な栄養素として挙げられます。

タンパク質は髪の毛を構成している主な成分として知られているだけあり、髪の毛にコシやハリを与えるために大変重要な栄養素です。
タンパク質は肉や納豆、乳製品などに多く含まれており、私達の食生活の中でも決して十分な量を摂取するのが難しいというわけではありません。
生えてきた頭髪がしっかり育ってくれるよう、朝・昼・晩の食事でタンパク質をバランスよく摂ることを心掛けてください。

次に重要な栄養素は「ビタミン」です。ビタミンの中でも、育毛のシーンでは「ビタミンA」「ビタミンB」「ビタミンC」が特に重要であると言われており、これらが不足してしまうと抜け毛のきっかけとなりかねません。
ビタミンは、ファーストフードやインスタント食品では効率的に摂ることができないため、近年の食生活では不足しがち。ビタミンが多く含まれる「野菜」をバランスよく摂取し、ビタミン不足に陥らないように気をつけましょう。

最後に育毛のシーンで名前の上がることが多いミネラルの一種「亜鉛」。
亜鉛は吸収が非常に悪く、体内から失われやすい栄養素ですが、タンパク質を髪の毛に合成する際に使われる栄養素であるため、髪の毛を育てる上でとても大切です。亜鉛は「牡蠣」や「ブロッコリー」など、なかなか十分な量を摂るのが難しい栄養素であるというのも特徴で、薄毛の症状が気になる場合にはサプリメントなどを使用して意識的な摂取を心がける必要があるでしょう。

しっかりした睡眠で、しっかり育てる!

発毛と切っても切れない関係にあるのが「成長ホルモン」です。
この成長ホルモンは骨を強くしたり身長を伸ばしたりと、いわゆる成長期に活躍するホルモンであると思われがちですが、摂取した栄養素を髪の毛に変える為にとても重要な役割も持っており、薄毛を改善するにあたって無視することができない存在。つまり、いくら栄養素を豊富に摂取していたとしても、成長ホルモンの手助けなしでは効率の良い発毛が行われないのです。

そんな成長ホルモンですが、私たち人間の中では「副交感神経」の働きによって分泌量がコントロールされており、この分泌量が最も多くなるのは「夜10時〜深夜2時」の4時間であると言われています。
この4時間が、発毛や育毛など髪の毛にとってのゴールデンタイム。しっかり寝ることで髪の毛が育つというのは、ここに理由があったのです。

このように、薄毛を改善していくためには「薄毛を改善するための生活サイクル」を意識的にとっていくのが効果的。実際にクリニックに足を運んで本格的な治療に取り組んだ場合でも、乱れた生活サイクルを改め、規則正しいものへ改善することで治療の効果も向上します。
生活習慣ということでなかなかすぐには難しいかもしれませんが、フサフサな毎日を取り戻すためにも、ぜひ頑張ってみましょう。