ヘビーな方は要注意。タバコが薄毛に良くないと言われる原因まとめ

ヘビーな方は要注意。タバコが薄毛に良くないと言われる原因まとめ

髪の毛が弱くなる原因は血流の悪化にあった!

健康的な頭髪の発育と「血液の流れ」は切っても切れない関係にあるというのを皆さんはご存知でしょうか。
そもそも髪の毛はタンパク質やアミノ酸でつくられていますが、そのための栄養素は主に私たちが食べ物から吸収するもの。食べ物の栄養素が体内に吸収されると栄養素は血液によって頭皮へと運ばれ、やがて髪の毛となっていくのです。

AGAの治療で用いられる非常に有名な内服薬「プロペシア」はご存知の方も多いかと思いますが、それと同等の知名度を誇る外用薬「ミノキシジル」は主に頭皮の血管を拡張させて血行を促進するための処方となっています。このことから、いかに血流の良し悪しが健康的な頭髪の発育と紐付いているか理解していただけるはずです。

しかしながら、タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる働きがあり、その結果血流は悪化してしまいます。タバコ1本の喫煙で数時間の血行不良が続くと言われているため、ヘビースモーカーの方は常に血流が悪化しているということに。
こうなってしまうと頭皮や髪の毛には十分な栄養素が行き届かなくなってしまい、やがて生えてくる髪の毛は細く弱々しく、抜け落ちるのも早い髪の毛になってしまうのです。

タバコを吸うという習慣を変えることは決して簡単なことではありませんが、本気で薄毛の改善に取り組んでいこうと考えている場合はタバコの1日の本数を減らすなど、生活習慣の改善も視野にいれておいたほうが良いでしょう。

タバコはAGAの進行スピードを加速させてしまう

血流が悪くなると頭髪の発育に悪影響を与えてしまいかねないというのは上述のとおりですが、実は最近の研究ではタバコは男性型脱毛症(AGA)のリスクを増加させ、進行スピードを加速させてしまうということがわかりました。

男性型脱毛症(AGA)は遺伝による影響が大きいと言われているものの、直接的な原因は男性ホルモン「テストステロン」と、頭頂部や前頭部に多く存在する酵素「5α-リダクターゼ」が結びつくことによって発生する「ジヒドロテストステロン(DHT)」であると言われています。
国内でAGA治療の主流となっている内服薬「プロペシア」においても、「テストステロン」と「5α-リダクターゼ」が結びつかない状況を作り出し「ジヒドロテストステロン(DHT)」の発生を減らし、ヘアサイクルの軌道修正を行うという改善メカニズムなのです。

しかしながら、アメリカの名門大学ハーバード大学の研究結果では、タバコの喫煙者は、非喫煙者と比較して「ジヒドロテストステロン(DHT)」の自然分泌量が13%多いということがわかったのです。
これはつまり、タバコの喫煙によって男性型脱毛症(AGA)の直接的な原因を故意的に増加させ、AGAのリスク増加やAGAの進行の促進を行っているということに言い換えることができます。

AGAは一般的な薄毛治療メカニズムでは治療ができないものの、初期段階なら「プロペシア」や「ミノキシジル」などを用いた内服・外服薬治療でほぼ確実な改善効果を得ることができます。
ですが症状がある一定まで進行してしまうと内服・外服薬治療だけでは十分な発毛効果を得られなくなってしまい、高額で痛みを伴う「注入治療」や「植毛手術」を行うしか改善の選択肢がなくなってしまう非常に厄介な症状なのです。

これらのことから、タバコは薄毛に大きな悪影響を与えてしまう存在であるということがお分かりいただけたかと思います。良い治療法と出会うことができても改善の糸口を潰しかねない、想像以上に危険な存在であると言えるのです。